ランダム

自己紹介

1/16/2021

【はじめに】   これまでの調査にご協力いただきました方々に改めて御礼申し上げます。 【自己紹介】 津崎克彦 専門 社会学 雇用・労働研究 社会政策論 社会調査 研究テーマ <はたらくこと>の観察を通して 近・現代社会と幸せな未来を 考える 勤務先 ...

続きを読む »
これまでの研究

1/16/2021

【はじめに】  これまで調査のご協力頂いた方に、改めて御礼申し上げます。  専門 社会学 雇用・労働研究 社会政策論 社会調査  研究テーマ <はたらくこと>の観察を通して近・現代と幸せな社会を考える  ★印の付いているものは、インターネット上で全文が入手できます。...

続きを読む »
津崎克彦「産業社会学―歴史は繰り返す?<働くこと>の社会学―」

1/15/2021

 ▼ 津崎克彦(2020)「産業社会学―歴史は繰り返す?<働くこと>の社会学―」(大関雅弘編「 新版 現代社会への多様な眼差し―社会学の第一歩 」晃洋書房所収)(2017年旧版を改訂) 【概要】  21世紀を迎えた現在、日本を含む世界各国では「働くこと」をめぐり多様な...

続きを読む »
津崎克彦「国際経済論―グローバル化は人びとの幸福を導くか―」

1/15/2021

▼ 津崎克彦(2020)「国際経済論―グローバル化は人びとの幸福を導くか―」(大関雅弘編「 新版 現代社会への多様な眼差し―社会学の第一歩 」晃洋書房所収)(2017年旧版を改訂) 【概要】  グローバル化は21世紀の社会を捉える重要なキーワードです。人々の期待を背負いながら進展...

続きを読む »
津崎克彦「日本における労働と自殺をめぐる社会学的研究--予備的考察」

9/30/2019

▼ 津崎克彦(2019)  日本における労働と自殺をめぐる社会学的研究--予備的考察 , 四天王寺大学紀要第68号 【概要】  本論考は日本における自殺と労働との関係について精緻な分析を行うための予備的考察として、自殺に関する社会学の諸理論について、特に労働分野との関連から...

続きを読む »
津崎克彦「経済社会の変化と外国人労働者」

5/30/2019

▼ 津崎克彦(2019) 経済社会の変化と外国人労働者, 公益社団法人納税協会連合会「ふれあい」2019年夏号 【章構成】 1. はじめに 2. なぜ1990年代以降に外国人労働者の就労が拡大したのか 3. 外国人労働者の就労状況と2018年入管法改正 4. 日本の外...

続きを読む »
「人口減少時代と外国人労働者」資料(2018年12月)

12/22/2018

成蹊大学アジア太平洋研究センター/移民・ディアスポラ研究会共催 「人口減少時代と外国人労働者 日本の産業・労働政策と社会的公正の未来を考える」 構成 ・ はじめに ・ 日本の産業変化と外国人労働者 ・ 産業から見た外国人拡大の背景と影響 ・ 人口減少時代における公正を考える 資料...

続きを読む »
駒井洋監修 津崎克彦編「産業構造の変化と外国人労働者――労働現場の実態と歴史的視点」

6/01/2018

▼ 駒井洋監修 津崎克彦編(2018)「 産業構造の変化と外国人労働者――労働現場の実態と歴史的視点 」明石書店 【概要】 在留外国人が250万人を突破し、多くの外国人労働者が日本社会を支えている。その労働現場で何が起こっているのか、なぜ日本の産業社会は外国人労働者を必要と...

続きを読む »
津崎克彦「日本の労働市場の国際化と貿易--1990年代以降の製造業の外国人受入れに注目して」

4/01/2018

▼ 津崎克彦(2018) 日本の労働市場の国際化と貿易 : 1990年代以降の製造業の外国人受入れに注目して , 四天王寺大学紀要第65号. 【概要】  日本では1990 年代に労働市場の国際化が本格化したが、本稿では1990 年代から2000 年代にかけて、産業の外国人労...

続きを読む »
津崎克彦「『ブラック企業』問題とマネジメント」

6/09/2017

▼ 津崎克彦(2017) 「ブラック企業」問題とマネジメント , 四天王寺大学紀要第63号. 【概要】  本稿では2000年代以降、日本で広がった「ブラック企業」問題に焦点をあて、「ブラック企業とは何か」という問題について、既存の調査から概念整理を行った。  特に本稿では...

続きを読む »
津崎克彦「国際経済論―グローバル化は人々の幸福につながるか―」

4/01/2017

▼ 津崎克彦(2017)「国際経済論―グローバル化は人々の幸福につながるか―」(大関雅弘編「 現代社会への多様な眼差し―社会学の第一歩 」晃洋書房所収) 【概要】  グローバル化は21世紀の社会を捉える重要なキーワードです。人々の期待を背負いながら進展していくグローバル化で...

続きを読む »
津崎克彦「産業社会学―歴史は繰り返す?<働くこと>の社会学―」

4/01/2017

▼ 津崎克彦(2017)「産業社会学―歴史は繰り返す?<働くこと>の社会学―」(大関雅弘編「 現代社会への多様な眼差し―社会学の第一歩 」晃洋書房所収) 【概要】  21世紀を迎えた現在、日本を含む世界各国では「働くこと」をめぐり多様な問題が起きています。こうし...

続きを読む »
津崎克彦「在留外国人統計に見る外国人労働力の性質と変容 」

9/30/2014

▼津崎克彦(2014)「 在留外国人統計に見る外国人労働力の性質と変容 」四天王寺大学紀要 第58号 【概要】 本稿は日本に在留する外国人を対象とした公的統計である在留外国人統計を用いて、外国人労働力の性質とその変化を記述し、その労働市場の分析に関する今後の実証的な課題を検...

続きを読む »
宣元錫, 松下奈美子, 倉田良樹, 津崎克彦「韓国人IT技術者の送り出し過程と日本の外国人高度人材受け入れ : 2000年代の拡大局面に注目して」

9/30/2014

▼宣元錫, 松下奈美子, 倉田良樹, 津崎克彦(2014)「 韓国人IT技術者の送り出し過程と日本の外国人高度人材受け入れ : 2000年代の拡大局面に注目して 」, 移民政策研究 第6号. 【概要】  高度人材の国際移動が拡大しているが,その移動メカニズムについてはまだ多...

続きを読む »
倉田良樹 宣元錫 津崎克彦 財団法人国際研修協力機構「外国人技能実習生受入実態調査(平成21年度)」

8/14/2013

▼ 倉田良樹 宣元錫 津崎克彦 財団法人国際研修協力機構(2010)「外国人技能実習生受入実態調査(平成21年度)」 フィリピン・帰国生が立ち上げた工場 【概要】  技能実習生制度について、送り出し国、特に技能実習生の2位と3位を占めるベトナムとフィリピ...

続きを読む »
津崎克彦「縫製業における労働力の国際化について」

8/13/2013

▼ 津崎克彦(2013)「縫製業における労働力の国際化について」 法政大学比較経済研究所ワーキングペーパー 【概要】  日本の労働市場の国際化について、外国人労働者の参入が最も進んでいる産業である縫製業とその受け入れ形態である研修・技能実習制度に注目して調査、分析...

続きを読む »
倉田良樹 宣元錫 津崎克彦 財団法人国際研修協力機構「外国人技能実習生受入実態調査(平成23年度)」

3/31/2012

▼倉田良樹 宣元錫 津崎克彦 財団法人国際研修協力機構(2012)「外国人技能実習生受入実態調査(平成23年度)--外国人技能実習制度の活用を通じた中小企業の海外展開に必要な人材を育成する取組について」財団法人国際研修協力機構 国内受け入れ企業 【概要】 ...

続きを読む »
津崎克彦「フィリピン人エンターテイナーの就労はなぜ拡大したのか」

11/30/2010

▼ フィリピン人エンターテイナーの就労はなぜ拡大したのか~歓楽街のグローバリゼーション~ 元エンターテイナーの実家にて(マニラ) フィリピン人エンターテイナー就労システム(2004年頃) 五十嵐泰正編「越境する労働と〈移民〉 労働再審2...

続きを読む »
松下奈美子 倉田良樹 全煕培 宣元錫 津崎克彦「日本で働くIT技術者の意識--アンケート調査結果の概要」

1/30/2010

▼  松下奈美子 倉田良樹 全煕培 宣元錫 津崎克彦(2010)「日本で働くIT技術者の意識--アンケート調査結果の概要」 (一橋大学・雇用政策研究会 Discussion Paper No.11) (クリックでダウンロードします) 【概要】  1990年代以降、IT分野...

続きを読む »
津崎克彦「非正規社員の多様化と基幹化」

8/31/2009

▼  津崎克彦(2009)「非正規社員の多様化と基幹化」一橋社会科学第7号 2009年8月 (クリックでダウンロードページが開きます) 【概要】  1990年代以降の非正規社員の拡大は、単なる量的な拡大のみならず、属性の多様化(主婦パート、フリーター等)、仕事内容...

続きを読む »
津崎克彦「フリーター経験の持つ意味」

3/31/2009

▼  津崎克彦(2009)「フリーター経験の持つ意味 ~流通小売業チェーン店舗勤務者に見る仕事と意識~」 (一橋大学・雇用政策研究会 Discussion Paper No.11) ( クリックでダウンロードします) 【概要】  流通チェーン業に対するアンケートデータを用い...

続きを読む »
津崎克彦「フィリピンパブをめぐる雇用・労働関係」

9/15/2008

▼  津崎克彦(2008)「フィリピンパブをめぐる雇用・労働関係--日本における労働市場国際化の位置側面として」 (文部科学省・科学技術研究補助金・「情報化・サービス化と外国人労働者に関する研究 Discussion Paper No.8」) (クリックでダウンロードします) ...

続きを読む »
津崎克彦 荒井一博 倉田良樹「平成不況期の人的資源管理改革による従業員意識の個人化」

7/01/2008

▼  津崎克彦 荒井一博 倉田良樹(2008)「平成不況期の人的資源管理改革による従業員意識の個人化」 , 一橋社会科学第4号 2008年6月(クリックでダウンロードページが開きます) 【概要】  1990年代後半から2000年代前半にかけて、日本企業ではいわゆる成果主義的...

続きを読む »
倉田良樹 宣元錫 津崎克彦 財団法人国際研修協力機構「外国人研修生・技能実習生受入実態調査(平成20年度)」

3/31/2008

▼ 倉田良樹 宣元錫 津崎克彦 財団法人国際研修協力機構他「外国人研修生・技能実習生受入実態調査(平成20年度) 高度技能実習制度の在り方について」 【概要】  外国人研修・技能実習制度の受け入れ企業から要望が高い、高度技能実習制度について、国内及び海外での調査を踏まえたう...

続きを読む »
津崎克彦「現代日本における情報サービス産業のIT技術者--雇用関係・仕事・技能形成」

3/31/2006

▼  津崎克彦(2006)「現代日本における情報サービス産業のIT技術者--雇用関係・仕事・技能形成」一橋大学博士論文 (クリックで要約へ) 【概要】  1990年代以降の特徴的な現象である労働市場における求人と求職の同時拡大について、IT産業に注目しながら、技術と技能形成...

続きを読む »
津崎克彦 倉田良樹「外国人労働者の導入とその社会的コスト--定住ベトナム人を事例とする政策論的考察」

3/31/2002

▼  津崎克彦 倉田良樹(2002)「外国人労働者の導入とその社会的コスト--定住ベトナム人を事例とする政策論的考察」 (文部科学省・科学技術研究費補助金・一橋大学経済研究所「世代間利害著生プロジェクト」(特定研究領域B)) (クリックでダウンロードします) 【概要】 ...

続きを読む »